会社員がホテル暮らしして感じたメリット・デメリット

ミニマリスト
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、にっしーです。

ホテル暮らし会社員をして1~2ヶ月ほど経ちますが、
非常に快適でスッカリ気に入りました笑。

にっしー
にっしー

ホテル暮らし、最高だわ

ホテル暮らしが自分に合わなかったら
賃貸で住もうと思っていましたが・・・

今後もホテル暮らししたいし、
むしろ賃貸には住みたくない笑

今回はホテル暮らしが如何に快適であるか、
メリット・デメリットを含めて解説しようと思います。

会社員がホテル暮らしして感じたメリット

ホテル暮らしのメリット、
簡単に言うと以下の通りです↓

睡眠の質が向上する!

まずは一点目、睡眠の質が向上します!!

ホテルのベッドサイズって、
セミダブル~ダブルと大きめなので、
男性でも窮屈さ・圧迫感を感じることなく、
眠っていて開放的なんですよ。

にっしー
にっしー

僕が泊まっているホテルは、
ベッドがシモンズ社製だよ!

贅沢!!ホテル暮らしならではやね!

また、ベッドメイキングもされていて、
シーツ・枕カバー・掛布団がいつも清潔な
状態なので寝ていてやっぱり気持ちいい!!

ホテルによっては遮光カーテンが採用されているので、
夜中に目を覚ますことなく朝まで熟睡できます。

僕の場合は寝る時に、空気清浄機も付けているので、
さらに質の高い睡眠が取れている気がします笑!!

定期的に掃除をしてくれる

ホテル暮らし最大の魅力の一つが、
日常の家事・雑務から解放されることです!

例えば、仕事が長引いて家に帰宅すると、
部屋が散らかっていた…これ最悪です笑。

でもホテル暮らしなら部屋の中は
いつも清潔で整理されています~!

にっしー
にっしー

僕は残業多いので、マジ助かる(T_T)

言い換えるならば、家事代行サービスが、宿泊料に
含まれてるんです!これめちゃめちゃ良くないですか?

家事代行って普通は一回5000円くらいしますからね…

トイレ・洗面所・風呂などの厄介な水回りも
もちろん掃除してくれますよ。

毎日タオルを変えてくれる

洗濯物の中で厄介な衣類がタオルです。

にっしー
にっしー

タオルは乾きづらいし嫌やねん

わかるわ、生乾きやとマジ萎える

でもホテル暮らしならバスタオル、ハンドタオル、
フェイスタオル、全て交換してくれます!!

もちろん清潔ですしフンワリした仕上がり^^

このおかげで僕の洗濯する頻度は週一回と、
かなり少ないと思います!!

モノを買わないので無駄遣いが減る

ホテル暮らしすると買い物の頻度、かなり減ります!

服、家具インテリア、雑貨、日用品、家電、
などなど買わなくなります笑。

やはり持てるものが限られるので欲しくても買えません笑。

まぁ大抵の品物は買った所で、物欲が満たされるだけで、
生活に支障がきたすことはほぼないと思います!!

でもAmazonでどうしても欲しい物とかないの?

にっしー
にっしー

あー、タマにある笑。そのときは買うよ

え!?荷物の受け取りはどうするの?

にっしー
にっしー

ホテルのフロントさんに
受け取ってもらうのよ!

じつは通販で購入したものはホテルの
フロントで受け取ってもらえます。
 ※ホテルに受取可能なのか確認要です。
 ※通販を利用する際は、送付先をホテルにする
  必要があるので、その点には注意です!

職住近接に対応しやすく駅近で便利

ホテルは、賃貸と違って、立地がとても重要です。
そうしないとお客さんが泊まってくれないからね笑。

つまりホテルってどこに泊まっても、
大体は周辺施設は充実していて駅近です。
都内なら、なお周辺施設が充実しています。

にっしー
にっしー

都内だと洗練されたモールや
緑豊かな公園があるから嬉しい!

通勤時間の削減にもつながるので、
余暇や睡眠時間が増えるのも嬉しいポイントです。

日用品・家具家電の費用0円

ホテル暮らしなら日用品・家具・家電が無料です。
更にこれらを買う手間、メンテナンスの手間も不要です。

以下、簡単ですが列挙してみました。

日用品

ティッシュ、トイレットペーパー、シャンプーリンス&ボディソープ、歯ブラシ、紙スリッパ、ヒゲソリ、ヘアブラシ

家電

ケトル、電子レンジ、冷蔵庫、テレビ、洗濯機&乾燥機、冷暖房、空気清浄機、ドライヤー

家具

ベッド、イス、デスク、電気スタンド、カーテン、ハンガー

敷金礼金等の初期費用0円

最大の魅力はなんといっても、
敷金・礼金・仲介金の
初期費用が0円であることです。

都会の場合は月当たりの家賃が高いので、
都会暮らしされる方ならこのメリットは
非常に魅力的です。

例えばの話ですが…

福岡、東京、ホテル、それぞれ暮らした際の
初期費用を考えてみましょう。

火災保険料・鍵交換代・クリーニング代・引越費用&退去費用は一律で10万円かかるとします。

■福岡:家賃4万円。
    敷金(1ヶ月分)+仲介金(1ヶ月) ※礼金不要
     →4+4+10
     →合計18万円

■東京:家賃9万円。
    敷金(2ヶ月分)+仲介金(1ヶ月)+礼金(1ヶ月分)
     →9×2+9+9+10
     →合計46万円

■ホテル:合計0円

結果は一目瞭然ですね。

でもホテルは月額費用が高そう。
いくらくらいかかるの?

にっしー
にっしー

僕の場合は9万円だよ

え!俺の家賃とそんなに変わらない!

ホテル暮らしというと、高い費用がかかると
思われるでしょうが、実は結構安いんです!

今はコロナで売上低迷中のホテルが
マンスリープランを出しているので、
通常よりも安く宿泊できるんです。

電気ガス水道費用0円

電気ガス水道費用、もちろん0円です。

暑い夏であろうと寒い冬あろうと、
冷暖房は遠慮なく使用できます!!

そして特に嬉しい水道費0円!!

毎日お風呂にタップリのお湯を溜めて、
湯船に浸かれるんですよ!これが気持ちいい笑!

※そのおかげもあって肌も少しきれいになりましたw

にっしー
にっしー

もちろん朝風呂もOK!!

一人暮らしだと、お湯を溜めるのって勿体ない…
でもホテル暮らしなら無料なので心置きなく使えます!

もちろん面倒な風呂掃除は、
清掃員の方が対応してくれます!!

WiFi費用0円

こちらは文字通りです笑!

最近はテレワークされる方も多いので、
電波の強弱を気にされる方もいらっしゃるでしょう。

僕的には特に問題なくWiFiは使えますし、
LANケーブルを使えば確実に作業できますよね。

会社員がホテル暮らしして感じたデメリット

部屋が狭い

はい、部屋は狭いですよ~笑。

ホテルによりけりですが、一部屋14~18㎡ほど。

ただこれって正直その人の好みの問題と思います笑。
僕の場合は、むしろ狭い部屋がわりと好きです・・・
(理由は空調が効きやすく、部屋が散らからないから)

部屋に人を呼べない

ホテルによりますが、基本的に友達や恋人を呼べません。

ただエアービーアンドビーを利用したり、
ホテルへ追加料金を支払ったりすれば利用できます。

まぁこれも好みの問題なんですけど…
僕は一人行動が多いのでそんなに気になりません笑。

趣味の幅が限られてしまう

部屋が狭いので、趣味に必要なモノを置けません。

例えば、ゴルフ・釣り・料理とかですね。
アウトドアをするのが難しいかと思います。

逆に読書・映画・パソコンなら全く問題ないですよね。

スマホやシェアリングサービスを上手く駆使すれば、
ほとんどの趣味は楽しめます。

因みに僕の場合はギターが趣味なのですが、
サイレントギターを使えば問題なく楽しめます。

こちらのギターは音が小さいので、
ホテルに迷惑をかけることもありません。

コンパクトに折りたたみ収納できるので、
ホテル暮らしにピッタリのアイテムなんです^^

自分好みの部屋にできない

一人暮らしの醍醐味は自分の部屋を
カスタマイズできる所ですが…

それは当然できません笑!!

雑貨・インテリア・植物・CD・ポスターを飾るとか。

女の子らしく可愛い感じの部屋、北欧テイストな部屋、
これもホテル暮らしではできません笑。

にっしー
にっしー

正直、部屋は殺風景ですw

衣服のおしゃれができない

ホテル暮らしで、最もかさばる荷物が衣服なので、
多くの衣服をホテルに持ち込むことは難しいです。

そのため衣服を持てる量は限られてしまい、
オシャレをしたくてもできなくなってしまいます。

僕の場合、仕事服が5着・私服は2着と
いった感じで服の着回しをしています。

休日に人と会うことが多い人は、
同じ服を何度も着ることに抵抗を
感じるかもしれません。

室内を素足で移動できない

ホテルによりますが、ビジネスライクなホテルだと、
基本的に部屋内は土足であることが多いです。

家では素足がイイ!!という言う方には、
けっこう抵抗があるかと思います。

僕は靴のまま部屋内を移動するのが嫌なので、
スリッパやルームシューズを利用して素足の
状態にしています。

会社の家賃補助が支給されない

ホテル暮らしは会社から家賃補助の支給がされません。

これは結構な痛手ですね笑。

理由としては、家賃補助を会社から申請する際、
賃貸契約を結んだ証拠となるものが必要だからです。

ホテルはそういったものがないですし、
仕方がないといっちゃ仕方がないのですが、
少し融通を利かせてほしいなと思いますw

しかしですよ!

初期費用に加えて水道ガス光熱費やWiFiが
無料というメリットにより、このデメリットは
相殺されるあるいは
それ以上だと僕は思います。

ホテル暮らしはどんな人にオススメできる?

まずは独身であることが必須ですね。

そして賃貸暮らし と ホテル暮らしの
メリット・デメリットを把握しておきましょう。

僕が列挙したデメリットを気にされないようであれば、
ホテル暮らしはかなりオススメのライフスタイルです!

ホテル暮らしは初期費用も0円ですし、
自分に合わなかったら通常の賃貸暮らしへ
容易に戻せるのも嬉しいポイントです。

なので気になる方はまずは1ヶ月間程、
ホテル暮らしをやってみるのアリだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました