日焼け対策のしすぎがよくないワケと正しい対策とは?

スキンケア
この記事は約5分で読めます。

スキンケアと切っても切り離せないのが日焼けです。
肌老化の原因の80%は紫外線と言われます。

そのため日焼け対策を過剰にする方がいらっしゃいますが、
正しいと思っている日焼け対策が間違っているかもしれません。

日焼け対策のしすぎがよくない理由、
そして日焼けとの向き合い方・正しい対策に
関してまとめました。

スポンサーリンク

日焼け止めがよくない

日焼け対策としてもっともポピュラーなのが
日焼け止めを使用することです。

確かに日焼け止めは効果がありますが、
実は肌には負担がかかっています。

肌に負担がかかる成分は以下の通りで、
聞いたことある方もいるでしょう。

  • 界面活性剤→肌バリアが壊れる
  • パラベン(防腐剤)→肌バリアが壊れる

また日焼け止めには防水性のものがあるため、
お湯では落とせずクレンジング剤を使う必要があります。

クレンジング剤も同様、肌がいたむ要因になります。
また日焼け止めを塗ると太陽を浴びて
合成されるビタミンDが分泌されません。

日光を浴びるメリット

幸せホルモン「セロトニン」の分泌がされない

幸せなホルモンである「セロトニン」は日光を
浴びたり散歩したりすることで分泌されます。

セロトニンが不足するとストレスが
溜まったりイライラしたりしていまします。

実際に日照時間が短い地域では
自殺率が高いとうデータもあるくらいです。

もちろんこうした精神状態が続くと
肌状態が乱れてしまいます。

精神科医として有名な樺沢紫苑さんも
セロトニンの効果について言及されています。

太陽を避けるのはタバコを吸うのと同じ

「太陽を避けるのはタバコを吸うのと同じ」というと
おおげさに聞こえるかもしれませんが、
スウェーデンでは実際に報告されています。

英語表記ですが詳細はこちらになります。
書籍だと日本語でわかりやすくまとめられていました↓↓


じつは現代人の多くは太陽の光を十分に浴びていません。

そのため日光を浴びることによって生成される
ビタミンDが不足しています。

ビタミンDは免疫機能・メンタルを正常にする働きがあり、
細胞の増殖を促す美肌効果もあります。


ちなみに過剰な日焼け対策を
しているのがイスラム教徒の女性です。

ご存知のとおり彼女たちは宗教上、全身を衣服で
覆っているため強い日差しを防げます。

しかしその反面でビタミンD欠乏症の患者が多く、
症状として骨粗しょう症、骨痛、骨の軟化、筋力低下、
筋肉痛などがあります。

正しい日焼け対策

  • 屋内での活動が多い方
  • 屋内での活動が多いのであれば、
    特別な日焼け対策をする必要はないです。

    それどころか日光浴をして、
    ビタミンDを生成する必要があります。

    ※ただし光が窓ガラスから差し込む、
    床に反射して差し込むのであれば
    日焼け止めを塗りましょう。

    また日光を浴びるのが厳しいという方は
    ビタミンDのサプリを摂取しましょう。

    しかしビタミンDの吸収率やサプリの酸化を考慮すると
    太陽によって生成させるのが一番望ましいです。

    加えて日光浴は正午にするのがもっとも効果的で、
    日本人の場合は一日に6~20分の光を浴びる必要があります。

  • ちょっとした外出が多い方
  • ちょっとした外出をするのであれば、
    日陰を歩いたり日傘をさしたりしましょう。

    またUVカットのストールや手袋を使うのも良いでしょう。

  • アウトドア・運動をする方
  • アウトドアや運動時は当然ですが日焼け止めを塗りましょう。
    これは夏であろうと冬であろうと関係ありません。

    冬でも紫外線はしっかりあります。
    冬は油断しがちになるので要注意です。

まとめ

過剰な日焼け対策は心身にとって
よくないことがお分かりになったかと思います。

  • 日焼け止めに含まれる成分が肌によくない
  • 幸せホルモン「セロトニン」が分泌されない
  • ビタミンDが不足する

もちろん日焼け止めは夏であろうと冬であろうと、
TPOによって不可欠になります。

ご自身の一日の行動に照らし合わせて
正しい日焼け対策を実施しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました