乳液・クリームは肌によくない?3ヶ月間使わなかった結果

スキンケア
この記事は約6分で読めます。

美意識の高い方ほど様々な
美容品を使われているかと思います。

その一つとして乳液やクリームなどが
ありますが実はお肌に悪いです

肌を綺麗にするはずのコスメが
肌に悪いなんて信じられないと思います。

今回は乳液とクリームが肌に悪い理由と
肌に優しい保湿についてまとめました。

スポンサーリンク

乳液・クリームが肌によくない理由

乳液とクリームが肌によくない理由は
界面活性剤という成分が含まれているからです

詳しくは形成外科・皮膚科医として有名な
宇津木龍一さんの書籍をご覧ください。

界面活性剤の役割は用途によって異なります。

  • 洗浄料として
  • 乳化剤として

●洗浄料として→ 洗濯剤、食器用洗剤、ハンドソープ、
シャンプー、歯磨き粉と多岐に渡って使用されています。

肌に悪いにも関わらず使用される理由は
洗浄力が強くて安価だからです。

●乳化剤として→ 乳液やクリームに使われています。
名前のとおり乳化を目的として使用されています。

乳化ってなんなの?

Nissy
Nissy

水と油を混ぜ合わせることだよ

乳液やクリームがトロトロしている理由は乳化、
つまり水と油を混ぜ合わせているからなんです。

しかしこの界面活性剤は先述したとおり
肌バリアを壊す作用が強力です

肌に良いと思っていたのに

逆に肌に悪いなんて

乳液やクリームは皮肉なことに
肌にとって悪いのが事実なのです。

3ヶ月間使わなかった結果は?

乳液とクリームが肌に悪いことを
知ったので僕は使うことを控えました。

で、気になる結果ですが

Nissy
Nissy

使わなくても全く問題ない!

使わなくても別に全く問題ありませんでした。

むしろ肌の調子がよくなったと思います。
特に肌の調子を実感できるのが朝でした。

というのも朝になると
丁度良い具合に皮脂膜が形成されているんですよ。
皮脂膜は人間が作り出す天然のクリームことです。

また僕の場合は男性ならではの
脂性肌だったので乳液やクリームで
保湿するのは明らかな油分過多でした。

また以下のようなメリットもあります。

  • 塗る手間がない
  • 机のスペースが広くなる
  • コスメ代の節約

どれも当たり前ではありますが
時間とお金の節約になるのは
嬉しいですよね!

乳液とクリームの代わりに使うならこれ!

しかし保湿をしないのもよくありません。
保湿をしないとシワやたるみの元になります。

そのため今回は肌にも優しい保湿剤を紹介します。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは天然の保湿剤です。
酸化しづらく抗菌作用もあり僕も愛用しています。
コスパも素晴らしいのでオススメです。

サラサラした使い心地ですが
外気温によって固まったり溶けたりするため
使い勝手が惜しいです。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください♪

肌にも髪にも全身使えるココナッツオイルのおすすめはこれ!
ココナッツオイルのメリット肌にも髪にも全身使えるココナッツオイルは肌にも髪にも全身使えます。オイルのテクスチャは...

ワセリン

ココナッツオイルの甘い香りや使い勝手が
苦手な方にオススメなのがワセリンです。

非常に伸びが良くてコスパも◎です。

しかしサラサラしておらずベタつくため
好みが別れると思います。

とりわけサンホワイトのワセリンは数ある中で
不純物が非常に少なく人気の保湿剤です。

まとめ

乳液とクリームが肌に悪い理由
→肌バリア機能を破壊する界面活性剤を含んでいるため

乳液とクリームの代用品のオススメはこちらですね

  • ココナッツオイル
  • ワセリン

乳液やクリームを使っている方は
これを機に使用するのを控えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました