医薬品でオススメのビタミンCはこれ!?パート2

スキンケア
この記事は約5分で読めます。

ビタミンCはスキンケアにおいて非常に重要な成分です。

シミ、シワ、たるみ、ニキビなど肌トラブルを
解消してくれるわけですね。

前回紹介した医薬品ビタミンCは
全て服用してしまいました…

今回は薬局で新たに購入した
サイキョウファーマのビタミンCをレビューしますね。

前回の記事はこちらから。

スポンサーリンク

サイキョウファーマのビタミンCについて

まずサイキョウファーマのビタミンCを購入した理由ですが
・第3医薬品である
・成分もよい
・そのわりに安い

では、ひとつひとつ見ていきましょう

第3医薬品のビタミンCである◎

まずサイキョウファーマのビタミンCは
サプリではなく第3医薬品です。

サプリではなく第3医薬品で
ビタミンCを摂取する理由ですが、
成分がしっかりと明記されていて、
信憑性があるからですね。

そして効果もしっかりとあります。

僕もサプリでいいと思っていたのですが、
「サプリメントの正体」という本を読んで
サプリと医薬品でかなり差があると知ったからです。

ビタミンC含有量と添加物◎

成分値にかんしてですが優秀かと思います。
6錠あたりのビタミンC(=アスコルビン酸)含有量は2000mgです。

2000mgのうちわけですが
・アスコルビン酸1400mg
・アスコルビン酸カルシウム600mg

アスコルビン酸とアスコルビン酸カルシウムを
併用しているのは、酸味苦味を抑えるためです。

アスコルビン酸ナトリウムは使用していないので、
塩分量を気にせず服用できるのもいいですね。

あと地味に嬉しいのがビタミンB2配合されていること。
含有量は6mgなので十分ですね。

いちおう厚生労働省では1~1.5mgを
摂取量の基準として設定しています。

添加物の専門家ではないので、
断言はできませんが含まれている
成分をまとめてみました。

・部分アルファ一化デンプン→固めるために必要
・D-マンニトール→天然の甘味料
・セルロース→食物繊維なので問題なさそう
・ステアリン酸Mg→製剤を加工しやすくしている
・エチルセルロース→安定剤
・ヒプロメロース→製剤を加工しやすくしている

このようしてみると製剤するときに
最低限必要な物しかいれていない
ことがわかりますね。

そして購入してから気付いたのですが、
サイキョウファーマの公式サイトでこんなQ&Aがありました。

生産は中国ですが、けっこう当たり前みたいです。
というのも日本で作るとコストがかなり高くなるみたい。

「サプリメントの正体」でも書かれていたのですが、
生産国よりも生産工場での品質が重要になるわけですね。

他社比較して安い

宣伝費用やブランド費用をいれていないのか、
他社製品と比較して安いんですよ。

タケダのビタミンCとパッケージと
いい成分といいかなり酷似していますが笑、
価格が3倍以上違うんですよね。

サイキョウファーマのビタミンCはなんと
800円以下です!!因みにタケダは2500円程します。

一つ疑問だったのが商品パッケージが色々あるということ。なんででしょう笑。

手にとった感じは写真の通り。
タブレットでちょうど飲みやすい大きさに製剤されていました。

まとめ

サイキョウファームのビタミンCの特徴をまとめました。
優秀だと思います。
・第3医薬品である
・ビタミンC含有量◎添加物少なめ◎
・他社製品と比較してかなり手頃な価格

まだ服用して2週間程度ですが、
効果はまだ実感していません笑。
引き続き摂取したいと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました