肌にも髪にも全身使えるココナッツオイルのおすすめはこれ!

スキンケア
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

ココナッツオイルのメリット

肌にも髪にも全身使える


ココナッツオイルは肌にも髪にも全身使えます。
オイルのテクスチャはサラサラしていて使い勝手が良いんですよ。

そのためコスメの無駄な出費を抑えられるだけでなく、
コスメの使い分けも必要ないのでスキンケアがラクにできます。

顔に乳液、手にハンドクリーム、体にボディミルクを使う方。
ココナッツオイル一つで全てできてしまうんですよ。

「あ、乳液・クリームを手に取りすぎてしまった!」てことも、
ココナッツオイルなら体全身に使えるので無駄がありません。

またヘアオイルやヘアワックスとしても利用できます。

抗菌効果がある

ココナッツオイルに含まれる脂肪酸
「ラウリン酸」には抗菌効果があります。

他サイトでは殺菌効果があると
たまに記載されていますが誤りです。

抗菌と殺菌の違いですが

  • 抗菌→ 菌は殺せない。菌の増殖を抑えられる
  • 殺菌→ 菌を殺す

そもそも殺菌作用があるならお肌に
含まれる善玉菌も殺してしまいます。

あくまで抗菌効果があるという意味ですね。

油が酸化しづらい

ココナッツオイルは酸化しづらいのも嬉しいポイントです。

保湿剤は化粧水と比較してちびちび使うため、
やはり日持ちしないと困りますよね。

乳液・クリームより肌に優しい


ココナッツオイルは乳液・クリームを使うよりもお肌に優しいんです。

というのも乳液・クリームは乳化(水と油分を混ぜ合わせること)を
させるために界面活性剤を使っています。

この界面活性剤の何が悪いかというと
肌バリアを壊す作用が強力なのです。

肌を保湿するために乳液・クリームを使っているのに、
肌に負担がかかっているというのは何とも皮肉な話です。

そのため僕自身も乳液やクリームは使っていません。

それに対してココナッツオイルは天然のオイルです。

不純物はもちろん入っていないので、肌に優しいです。

しかし人によっては肌に合う合わないはあるので、
その点には注意しておきましょう。

ココナッツが合わない方はワセリンを使うのが一番です。
テクスチャがココナッツオイルよりもサラサラしていませんが、
全身に使うことが可能です。

因みに界面活性剤のリスクとワセリンを使うメリットは
宇津木龍一さん著書「化粧品を使わず美肌になる」に
記載されています。

ココナッツオイルのデメリット

独特の甘い香り

ココナッツなので独特の甘い香りはします。
好きな人は好きですが、苦手な人は苦手です。

ココナッツオイルが合わない方は
先述の通りワセリンを使用しましょう。

固まりやすく溶けやすい

ココナッツオイルは液体になる時も
あれば固体になる時もあります。

ココナッツオイルの融点は24℃なので
夏は液体になり冬は固体になります。

夏になるとオイルで容器がベタつくので、少し不便でした。

ココナッツオイルのおすすめはこれ!

Daigoおすすめ!Jarrow Fromulasココナッツオイル

Jarrow Fromulas(ジャローフォーミュラズ)のココナッツオイルは
メンタリストとして有名なDaigoさんも愛用されており、
僕もこちらを使っています。

オススメする理由はコストパフォーマンスの高さです。
ココナッツの産地や製法などの品質も良い、
容量はたっぷり500ml、価格は1,000円程と
他のココナッツオイルと比較しても安いです

しかし容器はプラスチックなのでチープではありますし、
ラベルが外国語表記されています。

心配な方へ、次に紹介するチブギスのココナッツがオススメ↓↓

品質にこだわりたい!チブギス ココナッツオイル


ワンランク上を求める方は
チブギスのココナッツオイルがオススメです。

高品質なココナッツオイルとして定評のあるチブギス、
タイ産オーガニック(有機JAS認定)ココナッツを使用。

原材料ラベルも日本語表記されていて安心できますね。

また容器はプラスチックが溶け出すリスクを避けるために
ガラス瓶を使用しています。

高品質だからお高いのでは?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

しかし価格はジャローフォーミュラズより500円高いだけです。

僕もジャローフォーミュラズを使い切ったら
次回はこちらを購入するしようと思います。

肌に合わないなら美味しく食べよう!ブラウンシュガーファースト ココナッツオイル

ココナッツオイルを初めて使うけど合わないかも?というに方に
オススメしたいのがブラウンシュガーファーストのココナッツオイル!

特徴としてはとにかく美味しいココナッツオイルということ。

その証拠として、世界でも厳しい審査基準である
GreatTasteAwards2018で2つ星を獲得しています。

そのため万一肌に合わなくてココナッツオイルを
捨てるなんて心配もなく、美味しくいただけます。

ココナッツオイルは炒め物、揚げ物、お菓子など
実はいろんな料理に使える超優れもの。
おまけに体にもいいんですよ。

まとめ

ココナッツオイルって肌にも髪にも全身使えるので、
嬉しいポイントがたくさんありますよね。

  • コスメの無駄な出費を抑えられる
  • コスメの使い分けが必要なくてスキンケアがラクちん
  • 乳液・クリームよりもお肌に優しい

ココナッツオイルのオススメとしては下記の通り。
コスパ重視の方→ジャローフォーミュラズ
品質重視の方→チブギス
肌に合わないかもしれない方→ブラウンシュガーファースト

以上、ココナッツオイルで肌も髪も健やかにしていきましょう♪

大人気の無料メルマガ!!

「港区男子のライフハック」
登録はこちらから

スキンケア
スポンサーリンク
にっしーをフォローする
スポンサーリンク
nissymens

コメント

タイトルとURLをコピーしました