『美容常識の9割はウソ』の書評と要約

スキンケア
この記事は約5分で読めます。

2019年9月出版『美容常識の9割はウソ』を読了したので、
気になった部分を書評・要約してみました。

レビューが高評価で、タイトル名に惹かれて購入しましたが、
メンズ美容ブロガーである私にとっても興味深い内容でした。

この本を読んで得られるメリットがこちら↓↓

  • 不要な化粧品を買わずに済み、無駄遣いが減る
  • 正しい美容知識が身に付く

私も色々と美容品を購入してきました。
しかし後々を考えると明らかに無駄な出費だった
と思うこともしばし笑。

因みに著者の落合博子さん略歴がこちら↓↓

1991年東北大学医学部を卒業されています。
医師免許取得後は、
・形成外科(専門医)
・創傷外科(専門医)
・国立病院機構東京医療センター(形成外科医長)
を務められています。
スポンサーリンク

『美容常識の9割はウソ』の書評と要約

以下、特に勉強になったものを抜粋してまとめました!

【1】”肌の奥まで浸透するは”あり得ない

角質層のさらに奥まで届くものがあるかといえば、
特殊な薬品や医療技術を用いない限り基本ありません。

因みに角質層って、厚さ0.2mmで、
サランラップと同じ薄さなのです笑。

【2】「無添加化粧品=安全・安心」はもう古い

「無添加」という表現自体には、ほとんど意味がありません。

「○○という成分が配合されていない」という、意味でしかないんですね

【3】“薬用=医薬部外品の方が効果的”とは限らない

医薬部外品のほうが、効果がありそうですが、
実はそういうわけでもないとのこと。

医薬部外品の成分表示は効能のある成分しか
記載されておらず、表示ルールは化粧品よりも
実は甘いのです。

【4】「オーガニック」「天然成分由来」に騙されてはいけない

化粧品に関するオーガニック認定基準は
海外では存在するのに対して、日本では存在しません。

【5】“SPFは高いほど効果がある”は思い込み

SPF15以上になると、紫外線の防御率は
実はほとんど変わりません。

むしろSPF値が高かったり防水機能のある
日焼け止めは肌に負担がかかるのです。

【6】顔マッサージが肌のたるみや黒ずみをつくる!?

肌が摩擦を受けつづけると、角質を厚くする
ケラチノサイトとメラニンが誘引されることは
科学的に証明されています。

【7】水蒸気やスチーム、顔に直接あてると逆効果!?

角質層より深部に蓄えられている水分を
蒸発させてしまうため、結果的に肌自体が
乾燥しやすくなる可能性があります。

【8】“ゴールデンタイムの睡眠が美肌をつくる”は根拠なし

入眠してから3時間後。しっかり睡眠をとれば、
何時に寝ても成長ホルモンはきちんと分泌されます。

【9】“鉱物油が危険”は昔の話

ワセリンやミネラルオイルが処方されるのは、
生体にとって影響が限りなく少ないからです

鉱物油は、わたしたちの皮脂とはまったく
違う化学構造ですから、肌のバリア機能を破って
体内に浸透することもありません。

【10】界面活性剤が怖いって本当?

スキンケア製品に使われている界面活性剤のほとんどは、
「非イオン界面活性剤」に分類されるものです。

非常に低刺激で毒性もなく、
アイスクリームや飲料水の食品添加物としても
使われているものです。

【11】シミ、しわ、ニキビにも効く治療薬

トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)誘導体の一種で、
ニキビや老人性色素斑などのシミや肝斑の治療に使われます。

レチノールはビタミンAの別称で、
トレチノインの正式名称である「レチノイン酸」に
似ている気もしますが、その効果は100分の1ほど。

【12】イオン導入って効果があるの?

イオン導入ってひんやりとして気持ちいいので、
私もけっこう好きなんですけど…

実のところ効果は実証されていないのが現状みたいです。

【13】いまいちばん安全な防腐剤・パラベン

パラベンやメチルパラベンは、防腐剤として
もっとも刺激がなく、安全なものといえますから、
悪者あつかいする必要はないのです。

【14】あなたのシミ、どれですか?シミケア商品には要注意

美白化粧品でみるみる肌が白くなる
というようなことは、基本的には起こり得ません。

【15】いますぐできる最強の「アンチエイジング」

「日焼け止めを塗る」というシンプルなケアが、
光老化を予防するために自分でできる唯一にして、
最大のアンチエイジング法なのです。

【16】喫煙は肌老化を早める!?

1日1箱を50年喫煙すると、非喫煙者の4.7倍ほど
しわができやすくなることが報告されています。

【17】本来の肌をとり戻すための「減らす」スキンケア

キレイな肌を手に入れるために、いろんなことを
「やる」スキンケアがまだまだ根づいています。

でも肌に関していえば、何かを「やる」よりも、
「やらない」ほうが、じつはずっと効果的。

まとめ

いかがだったでしょうか?

化粧品選びでは成分に関して色々と
気にしていましたがあまり神経質になる
必要がないとわかりますよね。

結局、何を意識すべきかというと

  • 日焼け止めを塗る
  • こすらない

この2点につきるかと思います!!

大人気の無料メルマガ!!

「港区男子のライフハック」
登録はこちらから

スキンケア
スポンサーリンク
にっしーをフォローする
スポンサーリンク
nissymens

コメント

タイトルとURLをコピーしました